「ゴルフ肘」という診断名聞いたことありますか?

この診断名は通称で、正しい名称は「上腕骨外側上顆炎」と呼ばれます。

肘が痛くなって、診察に来られる患者さんの多くはこの「上腕骨外側上顆炎」の方が多いのです。

「ゴルフ肘」という名称なので、ゴルフをやってる人だけがなる疾患と思われがちですが、
手を作業をする方や、パソコン、デスクワークをされる方にもよくみられる疾患です。

これは肘の上腕骨の外側についている筋肉の使い過ぎによる炎症であると考えられています。

このページでは「上腕骨外側上顆炎」の症状と病態。以下の動画では家でできるゴルフ肘の治療方法をお伝えしています。

症状

重いものを持ち上げる動作や雑巾をしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが生じます。

原因と病態

一般的に肘の筋肉とつながっている腱がいたんで起こります。握る動作の多いスポーツや、過度のデスクワークにより引き起こります。主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側で障害されて生じると考えられています。 この短橈側手根伸筋は手首(手関節)を伸ばす時に収縮します。

「上腕骨外側上顆炎」の画像検索結果

・長橈側手根伸筋:手首(手関節)を伸ばすとき収縮します。
・短橈側手根伸筋:同様に手首を伸ばすとき収縮します。
・総指伸筋:指を伸ばすとき収縮します。

以下の動画では上腕骨外側上顆炎の家でできるマッサージ・ストレッチをお伝えしています。肘の痛みで悩んでいる方は是非見てください!!

私自身の整体院は肩こり専門店としていますが、痛み治療を得意としています!

もし、上腕骨外側上顆炎で悩んでいる方がいましたら是非ご連絡ください!

TEL:0463-68-7151  HP;Correct整体院 で検索^^ 

ホームページリンク先;correct-hiratsuka.com

神奈川県平塚市代官町7-12

平塚市難治性慢性疼痛専門   Correct整体院 山口 朋宏

平塚市ゴルフ肘の痛みを得意とする整体院、

平塚市上腕骨外側上顆炎の治療を得意とする整体院