湿布って効くの?ロキソニンって治るの?【お答えします】

多くの患者様から「湿布って効くの?ロキソニンって治るの?」と聞かれます。僕は「痛み辛くてしょうがない時は飲んだほうがいいですよ」「薬を飲んで痛みが引く場合は飲んでください」「シップ張って楽になるなら使うようにしてください」と答えます。

今日の動画ではその理由をお伝えしています!

今日は代表的な痛み止めの薬を紹介していきます。

①NSAIDs・・・抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用、抗血小板作用など様々な薬理作用を持ち、炎症を抑えたり、発熱などに対し、日常の医療で頻繁に用いられている。(代表的なもの:ロキソニン、イブ、ボルタレン)

②シップ・・・湿布薬とは、経皮吸収剤と呼ばれるもので、有効成分が皮膚から血液に吸収されます。皮膚が被れる(かぶれる)場合もるので、かぶれに注意して使用するようにしてみてください。(代表的なもの:モーラステープ、ロキソニンテープ、ボルタレンテープ)

③麻薬似た作用を持つ薬・・・他の消炎鎮痛薬とは作用機序が異なり、抹消に効くのではなく、脳や脊髄などの中枢に作用する薬剤です(代表的なもの:・リリカ、トラムセット)

以上がよく整形外科で処方される薬だと思います。今日の動画では私が考える薬の効果、意味合い、副作用について話しています。痛み止めの薬について疑問に思っている方は是非みてください!

私自身の整体院は肩こり専門店としていますが、痛み治療を得意としています!

もし、痛みで悩んでいる方がいましたら是非ご連絡ください!

YOUTUBEでは生活に役立つ身体・健康・痛みについて配信しています、もしあなたが健康に興味がありましたら登録お願いします。

YOUTUBE;山口朋宏 で検索^^

TEL:0463-68-7151  HP;Correct整体院 で検索^^ 

ホームページリンク先;correct-hiratsuka.com

神奈川県平塚市代官町7-12

平塚市唯一の肩こり専門店   Correct整体院 山口 朋宏