ブログ

ブログ

当院で施術を受けられた方は驚きの変化を手に入れております!

足がつる!一発解決!

こんにちわ!

コレクト整体院の山口朋宏です!

今回は私の友人が

足がつってしまって困っているので

どうしたら良いか?

そのお話をしようと思います。

以下の動画ではわかりやすく

説明していますので

ぜひご覧ください!

足がつる対処方法

足がつる事を

「こむらがえり」とも言いますが

足がつったらどうしたら良いか

改善方法をお伝えします

まず足がつる要因として

簡単に3つ原因が上げられます

①ふくらはぎの筋肉が硬い事

②体内の水分が不足している

③クエン酸も不足しているなどの

理由があります

まずは硬くなってしまった

ふくらはぎの筋肉のマッサージ

あとストレッチもやります

2つセットでやっていきましょう

あとは意識的に水分を摂取する

クエン酸も摂取するようにする

以上が一番分かりやすく

すぐに行動に移せますので

やってみてください

ふくらはぎのマッサージから紹介します

動画を見て一緒にやっていきましょう

つってしまう部位を中心に

マッサージしていきましょう

1〜3分くらい揉みます

体育座りしながらやると

両手で両足を揉めるので

オススメです

3分くらいマッサージしたら

次はストレッチをします

立って頂いて、壁に手をついて

アキレス腱を伸ばすストレッチをやります

このストレッチでふくらはぎを伸ばします

足を前後に開いて

前の足は曲げて

後ろの足は伸ばしたままで

やっていきます

後ろの足のふくらはぎに

伸びてる感じが得られてれば

それで大丈夫です

伸びがちょっと足りなく感じたら

壁に手をつけている

肘を曲げて

身体を前方に傾ければ体重が乗り

より伸びが強く得られます

ただし踵が浮かないように

注意が必要です

常に踵がちゃんと床に

ついているようにしましょう

あと伸ばしている足の

足先が外側に向かないようにも

意識して下さい

もちろん呼吸も忘れずに

止めないように注意です

片側が終わったら

反対側もやっていきましょう

時間的には30秒くらいで良いです

両方合わせて1分しっかりやりましょう

以上の内容の

マッサージとストレッチをやる事で

ふくらはぎが硬くて

足がつってしまうという要因は

解消できます

水分不足については

最近は日本でも海外の食事が多くなり

食事が欧米化になってきています

ジャンクフードのハンバーガーなどを

美味しいですが

いっぱい食べるような人は

一日2ℓは水分を

摂取しましょうと言われています

本来の日本食はご飯に水分が

含まれていたりするので

お味噌汁や煮物やお新香など

日本食の生活だと

1日の水分摂取は

1.5ℓくらいで良いと言われてます

なので

欧米風の食生活なら2ℓ

日本食の生活なら1.5ℓ

の水分を摂取すれば

水分不足も解消されます

あとはクエン酸ですね

クエン酸を摂取していれば

足をつりにくくなるので

ぜひ摂取したいです

クエン酸ってなんぞや?と思う方も

居るとは思いますが

今はドラックストアで簡単に

スティック状の商品などありますし

そのまま飲む粉末の商品や

水に溶かして飲む物

クエン酸が入っている飲料水

飴などもあります

水分だけではなく

少量の塩分や

ビタミン、ミネラルなども

摂取した方が

足がつるのを防げるので

それをまとめて

クエン酸で補うと言えば

分かりやすいと思います

ただ飲料水は甘過ぎる物は

逆に乳酸が体内に溜まり

あまり身体に良くないので

もちろん飲み過ぎれば太りますし

なので甘過ぎる飲料水は控えましょう

あまり甘過ぎずに

クエン酸が入っている

飲料が良いと思います

ぜひ足がつりやすい方は

足がつらないような身体に

改善していきましょう!

お伝えした内容をぜひ試してみて下さい!

アキレス腱炎の治し方

以下の動画ではアキレス腱炎

の治し方を紹介してます。

ぜひご覧ください!

アキレス腱炎の症状

歩行での一歩目や歩行時・爪先立ち

運動時(ランニング、ジャンプ)など動きで

アキレス腱や周囲に痛みが発生します

あとアキレス腱を指で押した時の痛みや

アキレス腱の周囲の腫れ

熱感(熱くなる)症状があります。

痛みはふくらはぎから

かかとのあたりにかけて

感じることがあります

一般にアキレス腱炎は剣道や陸上

ジャンプスポーツなど運動選手に

多くみられる症状です

アキレス腱炎の発生機序

スポーツの性質上

酷使されることの多いアキレス腱は

常に小さな断裂と

再生を繰り返していると言えます

この小さな断裂こそが

アキレス腱炎の原因と言えます

アキレス腱の小さな断裂は

運動による酷使の繰り返しと

疲労の蓄積によって発生します

この断裂が再生する過程で

アキレス腱の組織が炎症を起こして

アキレス腱炎を引き起こしているのです。

アキレス腱炎の治し方

まずはふくらはぎをマッサージします

あとはホームエクササイズでの

立位でのアキレス腱のストレッチです

ただストレッチはアキレス腱が痛むなら

やらないでマッサージだけで良いです

マッサージのやり方は

ふくらはぎを

つまむようにマッサージして下さい

一番やってはいけないマッサージは

上から親指の母指で指圧して

押し潰すような

マッサージはNGです

ふくらはぎ全体をつまむように

そしてつまんだまま持ち上げるように

マッサージすることが

大事なポイントです。

ふくらはぎを上から押してしまうと

筋肉の組織が潰れてしまって

良くないのでやめましょう

マッサージの動きは

そんなに難しくはないので

どなたでもできるとお思います

つまんで、持ち上げる様に

やってみて下さい

ただ力の加減は強過ぎてしまうと

青アザができてしまったり

揉み返しと言って

次の日にふくらはぎが

筋肉痛のような痛みが出てしまったり

そのようなことがないように

マッサージの力の加減は

受けてる方が少し痛気持ち良い感じが

良いと思います

会話をしたりして

コミュニケーションを取りながら

揉む力の加減を聞いてやりましょう

次はふくらはぎの

どのあたりの部分を揉むと効果的なのか

もちろん全体を揉んでも

効果があるのですが

一番効果が出るのは

「筋腱移行部」と言って

筋肉→筋腱移行部→アキレス腱

筋肉からアキレス腱に移るまでの部分です

ふくらはぎの真ん中あたりですね

この部分をマッサージすると

即時効果が得られやすいです

マッサージの間にうつ伏せのまま

足の爪先を押して上げて

アキレス腱のストレッチなども

やっていくと

さらに良い効果が得られます

マッサージをしている環境が

ベットでない場合は

一度立ってもらって

立位で手を壁につき

以前に紹介したアキレス腱のストレッチを

やっても良いと思います

ただしストレッチした時に

アキレス腱に痛みがある場合は

ストレッチはしないで下さい

痛みがなければストレッチを

やりましょう

アキレス腱が痛くないなら

マッサージとストレッチを繰り返します

アキレス腱が痛むようなら

マッサージだけ、やりましょう

もちろんご自身でも

マッサージできますし

やったほうが早く良くなるので

ご自身でやる場合は

普通に長座で座ったら膝を曲げて

三角座りをしながら

ふくらはぎの真ん中あたりの

膨らんでいる部分の少し下あたりです

そこの部分の筋腱移行部を揉んで下さい

つまんで、そのまま引っ張る感じです

ご自身でやる事を

ホームエクササイズと言います

継続してしっかり揉んで

アキレス腱が痛い方は

良くしていきましょう!

いい接骨院、鍼灸院の選び方

コレクト整体院の山口朋宏です!

前回は良い整形外科の選び方のついて

お話させてもらいましたが

今日は鍼灸院と接骨院の

選び方についてお話します。

以下の動画では分かりやすく

解説していますので

ぜひご覧ください↓

鍼灸院、接骨院の選び方

極論で分かりやすく言ってしまうと

治療を受けて治るか?治らないか?

で判断してもらえると良いと思います

まず一般的に接骨院だと保険適応で

鍼灸院の場合は保険適応な疾患と

適応しない疾患があります

なので診断書を持っていくと

保険が適応するかどうか

判別ができてわかると思います

接骨院に関しては

「打撲」と「捻挫」が診断できるので

例えば肩こり、腰痛を治療する際に

肩や腰を打撲してしまった事にすれば

保険が適応される事になっています

念の為に言いますが

その様な診断は違法ですので

あまりやってはいけないのですけど

私自身は理学療法士ですので

あまり接骨院の事を詳しく

分かりませんが

現状は捻挫した事にしていたり

打撲をしてしまった事にしていたり

その様に診断して

肩こり、五十肩、や腰痛を

診ているというのが

現状かなと思います

ちゃんとしている接骨院なら

自費で肩こり、腰痛を診たりします

保険関係の話になっていましたが

話を戻しまして

どういう鍼灸院が良いか?

どの様な接骨院が良いか?

の話になるのですが

これはあくまで私の基準なのですが

まず1回診てもらって

良くなったか?良くならなかったか?

私でも1回の施術で

治せない方も居ますので

少なくても3回は診てもらって

良くなったか、良くならなかったか

ご自身で判断してみて下さい

もし手が上げるのが辛い場合に

3回は通ってみて頂いて

その上で症状が

1ミリも改善しなかったら

たぶんそこの治療院では

治らないと判断して良いと私は思います

でも3回通って、もし手が少しでも

上がる様に改善してきたり

上がるのは少しだけでも

痛みが和らいできたとか

その場合は改善傾向にあるので

通っていけば良くなると思います

なので、まずは行ってみて

良くなるか、良くならないかで

判断してもらうのが良いかなと思います

全体を通して、とても抽象的な

アドバイスになりましたが

基準としては

まず3回通って

良くなるか?

良くならないか?

ですね

長く時間をかけられる方は

1ヶ月通ってみて

良くなるか、良くならないか

ちょっと通ってみて下さい。

で1ヶ月通って

治せないものは

もうそこでは治せないので

もうそこは通うのをやめて頂いて

他の治療院や、病院、整形外科

整体院、鍼灸院、接骨院など

別の場所へ通うようにしましょう

これをセカンドオピニオンと言いますが

通っている所でどうも治らない時に

別の所へ行ってみて治療を受けて下さい

ただ1回だけ行って

また別の所へ

そこでも1回だけ行って

また他へ行くという繰り返しは

あまり行き過ぎで

どこが良いのか、良くないのか

判断がつきにくいので

そのようにあっちこっちに行かずに

まずは3回は同じ所へ通ってみて下さい

それでこのまま通うのか

それとも他へ行くのか

判断してもらうのが良いと思います。

私の基準なので

もし3回通って治らない場合は

手術も考えないといけない方も

居たりするので

3回って言うのが

治療院を選ぶには良い判断基準かな

と思います。

鍼灸院、接骨院もまずは

3回通ってみて

判断して選んでみましょう!

整形外科の選び方

こんにちわ

correct整体院の山口朋宏です。

今回は私が考える

いい整形外科の選び方について

お話します

以下の動画では分かりやく

説明していますので

ぜひご覧ください!

整形外科の選び方

私は理学療法士で

以前に整形外科で務めていて

色んな整形外科を見てきました

私自身も怪我をして

色んな整形外科に行きました

ですが

周りの方の意見から

整形外科は湿布しかくれない

電気だけしかやってくれない

なかなか治らない

全然診てくれない

など、様々な不満のご意見を

多く聞く事がある中で

注射を打ったら良くなった

あそこのお医者さんは親切だった

というご意見も頂きます

なので私なりに整形外科の選び方

こんな整形外科はあまり良くない

こういう整形外科を選んだほうが良い

という、私の見解をお話します

良い整形外科

まずは良い整形外科から説明します

例えば手首が痛い、足首が痛いなど

患者さんが主張した時に

まずレントゲンを撮ってくれる

次にもし手首が痛むのであれば

両方の手首を見て腫れがあるか

あと手首を動かしてみて

どの動作で痛むのか

しっかりと「問診」をしてくれる

あと「視診」ですね

眼で見て腫れがあるか

どこが痛いのか確認する事

次はその痛む部位に

直接手で触る事で確認する

「触診」ですね

触診して痛い場所を確認してくれる事

以上が良い判断基準かなと思います。

まとめると

良い整形外科の特徴は

「問診、視診、触診」をしてくれる事です

悪い整形外科

ちょっと対応がよろしくない

悪い整形外科は

レントゲンを撮るだけで

痛みのある患部を見なかったり

患部を見ないと言う事は

まず視診がない

患部を触ってみて痛むか

どう動かして痛いか

触診して診てくれないので

触診もない

問診もない、視診もない、触診もない

一切患部を見ていない

その様な整形外科は

あまり良い整形外科とは言えない

以上が私の印象です。

何故そう思うか

お話しようと思います

まず問診、視診、触診して

患部を見て腫れていないか

急性期なのかどうかを判断します

もし患部が腫れていたら

まず冷やさないといけませんし

もし患部が腫れていなくて

痛い場合は温めた方が良いかもしれない

この様に治療方針が変わってきます

なので問診、視診、触診もしないのに

すぐ「これは電気を流しますね」

レントゲンしか見ていないのに

これは「湿布を出しておきますね」など

この様な処置はとても私から見て

すごく雑な対応、処置だなと思います

まとめ

なので整形外科を選ぶ際は

レントゲンを撮るだけではなくて

ちゃんとレントゲンを撮った後に

視診、触診してくれて

問診もしながら

こういう状態だから圧迫した方が良い

この場合は温めて治療していきましょう

その様にちゃんと治療方針を丁寧に

説明をしてくれる

お医者さんが良いと私は思いますので

ずっと言い続けますが

問診、視診、触診を

ちゃんとやってくれる

お医者さんを探してみて下さいね!

このストレッチすれば腰痛改善します!!【かもしれない】

こんにちは

correct整体院の山口朋宏です

今回は腰痛についてお話します

腰痛の治し方

まず腰痛を抱えている方の

7割は股関節が硬くて

腰痛になるケースが多いです

私の経験上で分かっている事は

股関節を柔らかくしてあげれば

腰痛が治る方が7割

治らない方が3割

なので、今日はまず腰痛がある方は

これからご紹介する

ストレッチをやってみてほしいです!

もしそれで治らなければ

3割のケースの方なので

腰の施術をしっかり受けて

腰痛を治せる所で治療をしないと

治らないです。

ですが、本当に私の経験上で

ほぼ6割、60%は股関節を

柔らかくする事で間違いなく

痛みが取れます

なのでこれからご紹介する

ストレッチをやって

股関節を柔らかくしていきましょう

股関節ですね、太腿の前お尻と後ろ

あとは、ふくらはぎ ですね

ふくらはぎの柔軟性も関係してくるので

下半身をしっかり伸ばしましょう

ではこれから動画を見て実際に

一緒にやって見ましょう

呼吸は止めないでくださいね

一回のストレッチは30秒くらい

やっていきましょう

種類は多いかもしれませんが

全部やっていけば

腰痛が良くなる人が6〜7割なので

頑張ってやりましょう!

1つ注意点としては

ストレッチをやってて

痛い種目があったら

やらないで下さい。

早く良くなりたい方は

今の動画のストレッチを

朝、昼、夜とやってください。

全部やると10分くらい

時間はかかりますが

腰痛が軽減されて

仕事の効率が上がったり

しっかり寝れる様になったり

絶対にやる価値はありますので

ぜひ腰痛改善ストレッチを

やってみて下さい!

ご視聴ありがとうございます!

平塚市唯一の五十肩専門整体

こんにちわ!

神奈川県唯一の肩関節専門

Correct整体院

院長の山口朋宏です!

肩が痛い方へ伝えたい3つの事

今回は肩が痛い!五十肩で辛いという方が

この記事を観てくれていると思うので

そんな皆さんに伝えたい事を

3つお話します!

動画では分かりやすく

話していますので是非ご覧ください!

まず1つ目

なぜ私が五十肩・肩関節周囲炎を

治すことができるのか?

私は以前に病院で肩専門の

整形外科のお医者さんと一緒に

私自身は理学療法士として働いていて

多くの五十肩や肩関節周囲炎を

診てきました。

その中でどの組織に痛みが出ているのか

何が原因で痛みが出ているのか

筋肉なのか?腱なのか?関節包なのか?

どの組織が壊れて痛みが出ているのか

私にはわかるという事

それと何故肩が動かないのか

筋肉が硬くて動かないのか

腱が硬くて動かないのか

それとも関節包の前方か後方が原因なのか

そういうことが私にはわかるので

五十肩・肩関節周囲炎を

私は治すことができると思っています

2つ目

私は超音波診断画像装置(エコー)

を持っているからです

エコーとは超音波画像と言われるものです

代表的な事で例えると

女性が妊娠して

お腹にいる赤ちゃんを診る時に

使うのがこの超音波(エコー)です

この超音波で私は肩や膝を

診ることができます

エコーで身体の内部を映し出す事で

どの組織に炎症が起きているのか?

どの組織が壊れているのか?

視覚、眼から見る事ができます

なのでエコーがあれば

視覚的にも診断する事ができます。

ただ私の立場上は

診断をしてはいけないので

このあたりで炎症が起きてますね〜など

言い回しになってしまいますが

エコーがあると原因が

はっきりわかります!

3つ目

3万件以上の施術経験があるから

私は五十肩などを多く治してきました

ただ揉むだけのマッサージ店や

湿布を配るだけの整形外科

電気を流すだけの接骨院とか

針を刺すだけとか

そういうお店とは全く違って

今までの専門知識に運動学

関節の動きの知識

理学療法士で学んだこと

肩関節専門のお医者さんと学んだこと

肩関節の痛みの原因

本来の肩関節疾患の根本となる原因に

正確にアプローチ

施術をする事ができるので

私は五十肩・腱板炎

肩関節周囲炎を治す事ができます!

最後に

ここまで動画を見てくれたという事は

肩の痛みに相当に悩んでいると思います

私は多くの患者さんを

手を上がる様にしてきて

手が後ろに回る様にしてきて

多くの肩の痛みを改善してきました

私は肩の関節の痛み、五十肩の痛み

肩関節周囲炎の痛み

治す事ができます!

この動画を見てくれている、あなた

肩の痛みに悩んでいると思います

電話でもメールでも構いませんので

是非ご連絡ください!

気軽に相談もお待ちしてます!

かかとの痛み、治し方!

こんにちは神奈川県平塚市で

痛み治療を専門としている

コレクト整体院の山口朋宏です。

以下の動画では踵の痛みの改善方法を

紹介していますので

是非ご覧ください。

踵の痛みの症状の紹介

私のバスケットやっている友達が

踵が痛い!と言う事なので

踵の痛みの治し方を

伝えていこうと思います。

症状

痛い部分はまさに踵です。

朝に踵が痛い

スポーツ後、痛い

運動中、痛い

この踵の痛みを

「足底腱膜炎」と言います。

病態

足の親指を伸展させて反らせると

足の裏の土踏まずのところに

線(腱)が盛り上がってきます

この腱が踵に着きます。

これが「足底腱膜」です。

この筋肉が踵の腱を引っ張って

ちぎれる様な負荷(ストレス)がかかり

踵が痛くなります。

なので足の裏を柔らかくしてあげると

牽引力(引っ張られる力)が減ります

そうすると踵の痛みが改善していきます。

足底腱膜炎の治し方

マッサージ方法

まず足の裏の緩め方は

両手でも片手でも良いので

足の裏をマッサージして指圧していく

足の裏は指圧して押しても

大丈夫な組織なので

しっかり指圧して緩めていきます

注意すべきは踵を指圧しては駄目です

踵は炎症を起こしている状態なので

押してしまうと激痛です

なので指圧してほぐすのは

足の親指を反らせて

盛り上がってくる足底腱膜を目印に

その足底腱膜の横から指圧しましょう

何分かやっていて疲れてきちゃったら

両手の指で腱膜の上からでも

ガンガン押しちゃっても平気ですので

指圧して足の裏の足底腱膜の部分を

しっかりほぐしましょう。

大体3〜5分やって下さい。

ストレッチ方法

このほぐしマッサージをやった後に

やってほしいことが

足の裏のストレッチです

足首を下にさせた状態で

足の親指を反ります

決して足首を上にした状態では

やらないで下さい。

足首を下にして親指を反る事で

足の裏を伸ばして

ストレッチをしましょう。

このストレッチは1分くらいやって下さい

それともう1つやってほしいストレッチは

踵からアキレス腱まで

筋肉も繋がってくるので

立位の状態で

アキレス腱のストレッチもやって下さい。

壁がある場所で手をついて

脚を前後に開いて

後ろの足のアキレス腱を伸ばします

この時に後ろの足の足先が

外側に向かない様にして下さい

足先は真っ直ぐのまま

脚を前後に開きましょう

踵も浮かない様にして下さい

浮かない程度で前後に開いて

無理をして大きく開いたら

踵が浮いてしまうので

気をつけましょう

30秒くらい伸ばしたら

壁についている手の肘を曲げると

前方に体重がかかるので

その状態でさらに30秒伸ばして下さい。

おさらいすると

普通に壁に手をつき脚を前後で30秒

次はその腕を曲げて前方に傾き30秒

1分くらいアキレス腱をやりましょう

以上が踵の痛みを取る

治療法になります。

ご案内した症状で

踵の痛みが似ていたら

マッサージとアキレス腱ストレッチ

これをやって踵の痛みが軽減するので

ぜひぜひ試してみて下さい!

肩関節周囲炎とは?

こんにちは

肩関節専門院長の山口朋宏です!

今回は肩関節周囲炎について

お話したいと思います。

動画ではわかりやすく

解説していますので

是非ご覧ください↓

肩関節周囲炎とは?

肩が痛くなった時に病院に行ったりすると

よく「肩関節周囲炎」という診断名を

言われると思うのですが

患者さんの肩の痛みの訴えで

肩の何の痛みなのか限定されておらず

全て肩関節周囲炎という事で診断されます

なので私の印象からは

肩が痛い=肩関節周囲炎というのは

少し丁寧さに欠ける診断名だと思います

丁寧に説明してくれるお医者様は

この筋肉に炎症がありますとか

関節が硬くなってますとか

腕の上腕二頭筋に炎症があるとか

または肩が「脱臼」しちゃってますとか

あとは肩に「石灰」が溜まってしまうなど

細かく丁寧にわかりやすく

説明してくれるお医者様が理想的です

レントゲンでは何も問題ないね〜

何の説明もなく

肩関節周囲炎だね〜と言われ

電気を流して、湿布貰って

という、お医者さんは

ちょっと色々と

説明不足かな?と私は思ったりします。

肩関節周囲炎は

肩の痛み全般を総称しての

疾患名なので

肩関節周囲炎は

「肩の痛み」の事になります。

この肩関節周囲炎も

種類がいくつかありますが

その中でも多くの方が

悩まされている

50歳前後で起きやすい

肩の痛みがあります

それが五十肩(拘縮肩)の可能性が

ありますので

五十肩について少し話そうと思います

五十肩とは?

50歳前後になると

関節が硬くなってきたり

肩のインナーマッスルが

傷つきやすかったり

関節かインナーマッスルこの2つの

症状がある場合に

問診と動作チェックなどをして

当てはまれば

一般的に「五十肩」と言います

なので肩に石灰が溜まっちゃう

脱臼したりとかは

五十肩とは言わないですね

なので石灰や脱臼は別の話になります

関節の硬さ、インナーマッスル損傷が

五十肩の症状になります。

他の症状のご紹介

「腱板断裂」という症状は

筋肉を支えている腱が切れてしまう事です

「腱板炎」の症状は

筋肉が炎症を起こし腫れてしまう事です

次は「凍結肩」肩関節周囲炎です

肩関節に関節包という腱膜があり

これが正常な方の肩の場合は

関節包が柔らかく

たるみがある状態なのですが

異常な方は

肩関節が硬くなって

たるみが失われてしまい硬くなる

これが凍結肩です

さらに細かくご紹介すると

同じ症状で拘縮肩と言い

この拘縮肩が四十肩、五十肩と呼ばれます

なので五十肩と言われたら

拘縮肩という事になり

この拘縮肩の症状がさらに悪化して

もっと関節包と周辺の筋肉が硬くなると

拘縮肩→凍結肩になります

なので拘縮肩が悪化すると

凍結肩という診断名になります

凍結肩の症状が酷い場合は

状況によって

手術が必要になる場合があります

次は「石灰性腱炎」です

石灰は肩の下に

カルシウムの結晶ができてしまう事です

症状が現れる位置としては

鎖骨と肩の先端の肩峰の下ですね

そこに石灰ができてしまい

炎症が生じ強い痛みが出てしまい

運動制限が起こってしまう症状です

レントゲンに映る症状ではあるので

見逃さなければ分かる疾患です

ご紹介では石灰性腱炎ですが

石灰性沈着炎とも言う場合があります

普通の健全な肩にはもちろん

カルシウムの結晶はありません

次は「上腕二頭筋長頭腱断裂」

「上腕二頭筋長頭腱炎」(腱鞘炎)です

腕にある力こぶを作る筋肉

上腕二頭筋ですね

その二頭筋の長頭と短頭がありますが

長頭の方になりますね

この上腕二頭筋長頭の

筋肉を支えている

腱が切れてしまうと

上腕二頭筋長頭断裂になります

当然ながら腱が断裂してしまうと

力が入らなくなります

腱が断裂はせずに

腱に炎症が起こると

上腕二頭筋長頭腱炎になります

上記2つとも腕の筋肉の腱が原因で

肩に痛みが出る症状です

次は「反復性肩関節脱臼」

これは普通に「脱臼」です

脱臼をすれば

単純に肩の関節が

緩んでしまうので

痛みが出てしまいます

脱臼は前方脱臼が多いです

「反復性」というのは

繰り返すという意味で

脱臼を繰り返してしまうことを

反復性関節脱臼となります

脱臼を繰り返してしまう事で

肩関節の関節窩骨折や

上腕骨頭陥没骨折を

合併してしまう事が多いです

次は「動揺性肩関節」です

動揺性肩関節は

肩の脱臼をしてしまって

その脱臼を治すために

しっかり肩関節を元に戻して

脱臼は改善されますが

脱臼をすると関節がどうしても

ゆるくなってしまいます

関節を支えてるのが関節包です

この関節包がゆるみ

肩の関節が不安定になります

肩が不安定になる事で

痛みが出てきてしまうのが

動揺性肩関節です

重度の場合には

安静下垂位で下方への脱臼

亜脱臼を起こしてしまう事があります

次は「投球肩」(投球障害)です

この症状は野球選手によくあるので

投球肩と一般的に言われるのですが

先ほど紹介した

上腕二頭筋の筋肉が

肩の中に入ってきます

そして肩関節の関節窩を囲う様に

関節唇があります

この関節唇が損傷してしまって

痛みが出てしまう肩の症状ですね

もちろん野球をしている人に限らず

バレーボールやドッチボール

ハンドボールやその他

ボールを投げる動作のある競技などで

起こる疾患ですね

関節唇の損傷ですと

上方関節唇の剥離損傷という事になり

関節唇の損傷ではなく

上記に紹介した

腱板損傷も起きる場合があり

ボールを投げる動作の繰り返しで

腱を痛めてしまい投球障害になります

最後は「リトルリーガーズショルダー」です

上腕骨近位骨端線離開とも言います

これは症状名は長いですが

簡単に言うと「成長痛」です

成長痛というのは成長期に起こる症状です

この症状は成長期に

ボールを投げるスポーツをやっていて

肩を痛めてしまいます

10歳〜15歳くらいの野球選手が

過度な投げ込み練習などを行った時に

ちょっと聞くと怖いかもしれませんが

骨が裂けてしまい痛みが出ます

上腕骨の骨頭部分の近位骨端部が

離開なので裂けてしまい

骨が離れてしまうのが

リトルリーガーズショルダーまたは

上腕骨近位骨端線離開です

上記のご紹介した症状全てが

肩関節周囲炎になります

ただこの中でも

「腱板炎」と「凍結肩」

この2つが一般的に五十肩と呼んでます

50歳に多くなる疾患なので

そう言われますね

この2つは筋肉の損傷だったり

関節の痛みだったり

関節が硬くなって動かなくなったり

この症状が五十肩だと思います。

今回は肩関節周囲炎とは何か?

その肩関節周囲炎の種類は?

五十肩とはどういう事なのか?

この3つをテーマにお話させて頂きました

一般的に肩関節周囲炎の肩の痛みは

分類されていないので

今回のお話で少しでも皆さんに

知ってもらって

病院だったり整骨院だったり

私がやっている

肩関節専門の整体院だったり

どこを選ぶべきか

ご自身の肩の痛みに対して

今後どうアプローチしていくのか

悩んでみてください!

もちろん当院では

その肩のお悩みを

私が解決しますので

ぜひお電話などお待ちしております!

膝の痛みを追求する!!

こんにちは!

コレクト整体院の山口朋宏です!

今日は膝について

お話したいと思います!

膝おの痛みについて

以下の動画を見ると

非常に勉強になると思いますので

是非ご覧ください!!

膝の症状について

よく患者さんから

単刀直入に 膝の痛みが

「どうすれば良くなりますか?」

という質問を頂くのですが

ただ膝に痛みがあるという

少ない情報だけでは

コレをすれば良くなると

アドバイスをしてお伝えする事が

難しい!と言うのが現実です。

それは何故お伝えする事が

難しいのか?という事を

説明して行こうと思います。

膝の症状の紹介

膝の痛みの種類だけでも

ざっと10種類くらいはあるのですが

どこの部分が痛かったら

どこに原因があるのか

というお話をします。

膝蓋骨腱炎

まず膝の真正面にある骨のことを

「膝蓋骨」と言います

この膝蓋骨の上に通っている

大腿の筋肉を骨と繋ぐ腱があります

この膝蓋骨の上を通る腱の部分に

痛みがある場合に疑われる

症状がいくつかあります。

可能性としてあるのは

「膝蓋骨腱炎」です。

膝蓋骨の上と下の部分の腱を

押して痛かったら

膝蓋骨腱炎の可能性があります。

一般的に言われるのは

「ジャンパー膝」と言われます

ジャンプをよく動作でする

スポーツでバスケやバレーなど

ジャンプを何回も繰り返すと

この線上で痛みが出てきます。

オスグット

膝蓋骨の下の部分になります

そしてこの下の部分は

「オスグット」という症状もあります

オスグットはサッカーをやってる方に多い

症状です。

膝蓋骨の上と下の部分を

押して痛みがある場合は

「膝蓋骨腱炎」

「ジャンパー膝」

「オスグット」

この3つが可能性としてある

症状となります。

内側半月板損傷

次は膝の内側の痛みがある場合

疑われる症状を紹介します

膝蓋骨の横に「半月板」があります

半月板は「内側」「外側」とあり

膝の内側なので「内側半月板」になります

膝蓋骨の横の部分が痛むと

半月板の痛みの可能性があります

鵞足炎

膝の内側には筋肉の

付着部があるのですが

これを「鵞足」と言います

鵞足は主に3つの筋肉で形成されてます

「薄筋」「半腱様筋」「縫工筋」です

この鵞足が痛い場合は

「鵞足炎」と言います。

痛みが出る場所としては

鵞足の付着部が

膝蓋骨の下の内側なので

そこに痛みが発生することが多いです

ただ鵞足炎は内側側副靭帯の周辺にも

痛みがある場合もありますので

膝蓋骨の横側にも痛みがある時は

触診での指圧で痛みがあるかとか

軽くジャンプさせて痛みがあるかとか

検査をしてみないと分かりませんが

鵞足炎での痛みが出る可能性としては

膝蓋骨の横側もある場合があります。

膝蓋骨の下の内側と横側が痛む時は

鵞足炎です

外側半月板損傷

次は膝の外側に痛みがある場合

先ほど紹介しましたが半月板は

膝の外側にもあります

「外側半月板」です

膝蓋骨の少し下の外側に痛みがあるなら

外側半月板の痛みの可能性があります。

腸脛靭帯炎

もう少し下の外側に痛みがある場合

ここに太腿の外側から

膝の横を通って入って

脛骨の外側に付着する筋肉があります

「腸脛靭帯」です

筋肉とはいえほとんどが腱です

この部分に痛みがあるなら

「腸脛靭帯炎」と言います。

ランナーズニーとも言う事があります

長距離ランナーに多いです

まとめ

今ざっくりとご説明しましたが

色々と症状が多くあります。

今ご紹介した症状は主に

「スポーツ障害」になります。

運動をしてて痛くなってくる

その部分だけで、これだけあります。

また、事故の怪我を入れると

「前十字靭帯損傷」と「後十字靭帯損傷」

「外側側副靭帯損傷」と「内側側副靭帯損傷」

「骨折が」あります。

だんだん膝に痛みが出てくる

それだけでいくつも障害があるので

ランナーズニーならこの治し方

オスグットならこっちの治し方

鵞足炎ならこう治さないといけない

なのでただ単に膝が痛いだけの情報では

治し方を教えて下さいと質問を頂いても

「正直なところ教える事が難しい」

とお伝えしたくて

膝の記事を書きました。

もし膝の痛みで

内側でも外側でも

前でも後ろでも

痛みの原因を見つける事ができれば

私は治す事ができます。

歩くのが痛くてしんどい

スポーツで痛い、部活で痛い

多くの方が来院されてます

私は膝の痛みは得意としてますので

この記事を読んでくれ方や

私の整体院のご近所の方!

遠方でも膝の痛みに悩まれてる方!

とにかく膝が痛い!何とかしてほしい!

そんな方がいましたら

まずは悩まず電話下さい!

そして私の整体院に来て下さい!

あなたの悩み必ず解決します!

お待ちしてます!

上の動画では分かりやすく

説明していますので

是非ご覧下さい!

頚椎症 平塚市 整体院

こんにちは

この世の首・肩の痛みを解消したい

コレクト整体院の

山口朋宏です。

今日は頚椎症についてお話していきます!

以下の動画は頚椎症について

わかりやすく説明していますので

ぜひみて下さい!!

頚椎症について

首の骨が「変形」してしまったり

骨と骨の間にあるクッションが

潰れてしまったりすることを

頚椎症と呼びます。

骨と骨の間にあるクッション

つまり、椎間板が潰れ

背骨の中にあるとても大事な神経である

「脊髄」が圧迫されたり、

骨の後ろにある「靭帯」が肥厚化して

神経を圧迫し痛みがでて病院にいくと

「頚椎症」と診断されます。

頚椎症も色んなケースがあります

その事を忘れないようにしましょう

骨が変形して

神経の幹である「脊髄」が圧迫されたり

神経の枝である「神経根」が圧迫されたり

関節にストレスがかかったり、

筋肉にストレスがかかったり、

様々な症状がでます。

骨が変形することによって

関節が痛くなるのか

筋肉が痛くなるのか

神経が痛くなるのか

それぞれの疾患に応じて

治療方法を変えなければ

良くならないです。

なので、電話を頂いた時や

問診の時などに

頚椎症が治りますか?とか

頚椎症でどんな治療をするんですか?

よく聞かれるんですが

症状をご本人から聞いて

実際に触らないと分からないし

あとどのように動かしたら

辛いのか、痛いのか

その検査をしないと

明確な事は言えません。

頚椎症は骨の変形のことなので

そこで神経に障害が出るのか

関節に障害が出るのか

それとも筋肉に障害が出るのか

頚椎症でも人それぞれです。

なので症状も病態も

人によって違いますので

まず診てみないと

何とも言えないのが現場です。

 

なので動画だけでは

頚椎症の治し方を

ご紹介できないのですが

頚椎症と言う疾患を

この動画で少しでも

覚えて頂いて

今後、病院で言われたりしたら

骨が変形しちゃってるんだな

骨と骨の間のクッション(椎間板)が

潰れちゃってるんだな

そのように考えて

知ってもらえたら良いなと思います!

今回の動画を観ていて

首の頚椎症と言われて

あまり良くなっていない方は

私の整体院でしたら対応できるので

首でお悩みの方は

私の整体院に一度来てみて下さい!

あなたの痛み改善させます!

「肩コリ」でお悩みなら今すぐお電話を TEL 0463-68-7151
※施術中は電話に出られないことがあります。必ずこちらから折り返しのお電話を致しますのでメッセージを残して頂ければと思います。

肩こり改善率 91.7%を誇る correct整体院 の施術法とは?

1. 問診(カウンセリング)
問診
「慢性首肩こり」施術に特化した問診をしていきます。
まず問診票に氏名・住所・連絡先を記入いただきます。
そして症状についての情報を記入していきます。
いつから痛いのか?
どこが痛いのか?
なぜその痛みをとりたいのか?
それをもとに問診をさせて頂きます。

2. 検査
検査
問診票でお聴きした情報をもとに、あなたの体を検査していきます。
どのような動作で痛みが出るのか。首、肩、背中、肩甲骨の状態はどうなっているのかなどを調べていきます。
ここでは痛みが何によって引き起こされていて、何が原因で今の状態になっているのかを調べていきます。
この過程にてあなたの「慢性首肩こり」の本当の原因を突き止めていきます。
3. 施術方針の説明
施術の方針
あなたの今の体の状態についてご説明していきます。
全身の状態がどのようなになっているのか、それがどうして痛みを引き起こすのか?
わかりやすく、丁寧に説明させて頂きます。
そして今後の通院ペース、期間についてお伝えしていきます。
4. 施術開始
施術開始
当整体院がおこなえる「唯一」の施術法 “correct式 施術” で行っていきます。
痛みはなく、安心して受けて頂けます。
「肩甲骨・肩・首」をユニットとして整えた上で、他の関節のバランスを整えていきます。
5. 施術後の確認・日常生活の注意点
施術後の確認
もう一度最初におこなった検査をしていきます。
そこで施術前と施術後の変化を調べます。
日常生活で気を付けて頂きたい事、行って頂きたい事をお伝えします。
6. 施術終了後
施術終了
症状をわかりやすくご説明しお客様のライフスタイルに適した施術計画をお作りします。
受付でお支払・次回予約等をして頂きます。
もちろん私の施術を受けて頂きご満足頂けなければ施術費は頂きませんので遠慮なくお申し付け下さい。

あなたが『この痛みは何とかなるんだ!』と感じて頂けるように全力で施術致します。

私は湘南地区にあるどの整形外科・整骨院・鍼灸・マッサージ・整体よりもあなたの「慢性首肩こり」を理解し、丁寧な施術により、その痛みを改善することを目標に施術いたします!

もし慢性首肩こりでお悩みならば今すぐ「correct 整体院」へお電話下さい。

あなたもcorrect 整体院で「慢性肩こり」を改善しませんか?

「肩コリ」でお悩みなら今すぐお電話を TEL 0463-68-7151
※施術中は電話に出られないことがあります。必ずこちらから折り返しのお電話を致しますのでメッセージを残して頂ければと思います。

  1. ’先着6名様限定!初回限定価格!

    コロナ対策しっかり行ってる整体です!

本気で治したい方限定!

今ならぶり返すツラい肩こりを改善したい方先着6名様(残り2名様)

10月1までにご予約頂けますと

初回 カウンセリング+施術時間
45~50分が

1,980円

 

今なら施術後に『施術効果が持続する』 生活指導・ホームエクササイズ指導付!

 

※10月2日以降のご予約は通常料金の初診料2,000円+整体6,000円
計8,000円を頂戴致します。

もちろん施術を受けて頂いても肩こりが1mmも改善しなければ、
その場で施術費を全額返金させていただきます!

 

 

 

【施術時間と料金】
初回 50分(カウンセリング+施術+ホームエクササイズ指導 通常8,000円→ 先着価格1,980円
2・3回目 50分 6,000円

 

なぜ初回1980円なのか?

それはあなたにもう、「同じ過ち」を繰り返して欲しくないからです。

私はあなたにこれ以上、湘南地区の整形外科・整骨院・鍼灸・マッサージ・整体院を渡り歩くのはやめて頂きたいのです。

もう2度と効果を実感できない治療に、あなたの大切なお金と時間を費やしてほしくないのです。

私はあなたのツラい痛みを本気で改善したいと思っています。
平塚市で 「唯一」 の首・肩こり専門の治療家です。

 

あなたの「慢性」肩こりを改善する為に全力で施術致します。

本気で「慢性肩こり」を改善したいと思われる方は今すぐお電話下さい。

「肩コリ」でお悩みなら今すぐお電話を TEL 0463-68-7151
※施術中は電話に出られないことがあります。必ずこちらから折り返しのお電話を致しますのでメッセージを残して頂ければと思います。

なぜCorrect 整体院では60分の施術で肩こりを改善ができるのか?

一般的な整体院や接骨院では痛みが発生している患部だけを治療していきます。

肩こりがひどければ、肩だけの治療、膝がいたけれは膝だけの治療。腰がいたければ腰だけの治療といったように患部だけを治療していく「対称療法(たいしょうりょうほう)」と呼ばれる「その場限り」の治療が多く行われています。

しかし、これではあなたの肩こりは根本的に改善することはできません。

私は、1万5千件を超える、施術経験により症状が出ている部位にはほとんど原因がないことを知りました。

1.徹底的な問診により、あなたの痛みの「本当の原因」を見つけ出します。あなたの現在のお体の状態を確認・納得していただきます。

私は問診・検査で改善できるかどうかが決まると考えています。痛みには必ず何か原因が隠れています。それを見つけ出しきちんと真実をお伝えします。 なぜ、今現在、首肩こりの痛みが生じているのかという事をまずはあなたにきちんとご説明し心と体、両面から納得して頂きます。まずは、現状きちんと把握して首肩こりの解消までの計画をきちんと立てること当院ではおこなっています。なぜ治らないのか、なぜ肩こりが生じているのか、理解しないまま治療に入っても効果はありません。
症状に不安を抱えたままではなかなか改善してきません。当院ではきちんと目標を立てて治療に取り組んでいます。
まずは、あなたのお体を正確に判断し、首肩こり解消に向けてきちんとした治療計画を立て、サポート致します。
これが当院の最大の特徴であり、あなたの「難治性」肩こりが改善する理由となります。
まずは原因の追究があっての治療です。逆に、一般的な接骨院やマッサージではこれをおろそかにしているため、あなたの肩こりは「難治性」となってしまうのです。
私と一緒に痛みの原因を見つけ出し、改善へと向かいましょう!

2.改善という結果を提供します

特徴1:しっかりと効果を実感できる!

首・肩の土台は肩甲骨であり、これを無視してのすべての治療は「地盤の歪んだ土地に家を建てるのと同じ」です。
そのため納得のいく治療効果は得られにくくなってしまいます。
あなたも「correct式 施術」の効果を感じてください。嘘みたいに肩こりが軽くなり、あなたの「難治性」肩こりを改善へと導きます。

特徴2:平塚市で唯一の首肩こり専門家

Correct整体院は平塚市で圧倒的な実績を誇る唯一の首肩こり専門家です。
神奈川県の『どこへ行っても良くならない』ツラい首肩こりに悩む 重症の患者様『のみ』を施術している実績があります。
平塚市のどの整形外科・整骨院・鍼灸・マッサージ・整体よりも
あなたのツラい首肩こりを理解して施術させて頂きます!
もちろん、バキバキ、ボキボキといった音の出るような施術は致しません。

特徴3:症状の「もどり」を最小限に抑える

あなたも治療直後は痛みが軽減もしくは消失しているが、しばらくたつと 痛みが再発するといったような経験をお持ちではないでしょうか?
あなたの症状が戻ってしまうのは「肩甲骨・肩・首」をユニットとして施術しないからです。
ですので、あなたの肩甲骨・肩・首を一つのユニットとして評価・治療を行い、あなたの「慢性肩こり」を根本的な改善へと導きます。

3.ストレスのない治療を提供します。

首肩こりの痛みで悩んでいる方はとてつもないストレスを精神面、肉体面、金銭面で抱えています。その他人には理解できない・受け止められないストレスを真剣に向き合い治療を致します。今はとても便利な世の中になり、インターネットで様々な情報が流れています。しかし、いくらネットに相談を書き込んだり様々な情報を得たとしても、あなたの本当の不安を理解してくれる人はほとんどいません。
当院ではあなたがストレスなく首肩こり解消できるように家族や友人にも相談できない深いお悩みを共感し、目標を立てて治療します。
目指してあなたを一生懸命治療いたします。
痛みで悩む方は孤独を感じていると思います。そんな中でネットや家族・友人ではない第三の場所として頼れる治療家の存在は必要だと考えています。

以上の3つの理由により当院は多くの首肩こりを抱えている方から指示されています。
改善の見えない不安から強いストレスを感じることがあると思います。
私は真剣にあなたの首肩こりの症状と向き合い全力で治療させて頂きます。

「肩コリ」でお悩みなら今すぐお電話を TEL 0463-68-7151
※施術中は電話に出られないことがあります。必ずこちらから折り返しのお電話を致しますのでメッセージを残して頂ければと思います。

correct 整体院基本情報

店名 correct 整体院
院長 山口 朋宏
所在地 〒254-0807
神奈川県平塚市代官町7-12
TEL 0463-68-7151
予約受付時間 9時~21時
定休日 不定休
駐車場 近くにコインパークがございます。

コイン泊コインパーク

交通のご案内

correct 整体院までの来院経路

1.平塚駅南口を出ます。
経路1
2.左に歩きます

経路2タクシー乗り場、スーパーの前を通ります。スーパーの隣にマクドナルドがあります。

3.突き当たりを右に曲がります。
経路3突き当たりにはサンドイッチ屋さんがあります。
4.信号を左に曲がります。
経路4
5.突き当たりまで真っ直ぐ歩いて下さい。
経路5突き当たりにセブンイレブンがあります。
6.突き当たりを右に曲がります。

経路6セブンイレブンのところを右に曲がって下さい。もう直ぐです。

 

7.50m先の右側が当院です。
経路7お車でお越しの方は、この周辺にコインパークがありますので、そちらをご利用下さい。
8.当院到着
経路9

あなたが『この痛みは何とかなるんだ!』と感じて頂けるように全力で施術致します。

私は湘南地区にあるどの整形外科・整骨院・鍼灸・マッサージ・整体よりもあなたの「慢性首肩こり」を理解し、丁寧な施術により、その痛みを改善することを目標に施術いたします!

もし慢性首肩こりでお悩みならば今すぐ「correct 整体院」へお電話下さい。

あなたもcorrect 整体院で「慢性肩こり」を改善しませんか?

アクセスマップ

「肩コリ」でお悩みなら今すぐお電話を TEL 0463-68-7151
※施術中は電話に出られないことがあります。必ずこちらから折り返しのお電話を致しますのでメッセージを残して頂ければと思います。
PAGETOP
Copyright © Correct 整体院 All Rights Reserved.