こんにちは!

correct整体院:院長山口朋宏です!

今回は冬になると肩がこる理由について

皆さんにお伝えしようと思います。

冬の季節の肩こりの理由3つ

冬の時期になると

非常に肩がこりやすい方が多いのですが

早速その理由についてお話していきます

理由1 筋肉の硬直(循環不全)

まず1つに上げるのは

そもそも筋肉が痛みを出して

肩こりになったり

肩が重く感じたりする方が多いのですが

筋肉自体が冬の季節で冷えてしまうと

循環不全になってしまって

筋肉の中に通っている血管が

縮小して血流が悪くなってしまって

筋肉が硬くなるし肩こりになります

なので筋肉自体が冷える事で

硬くなってしまう性質を持っているので

肩こりになる理由の1つです。

理由2 洋服を着込む動作

理由2つ目は冬になると寒いので

皆さん洋服を着込みますよね?

コートや上着などを着込む

その時の動作で肩が少し内側に入って

猫背になってしまう状態になり

肩こりになりやすい条件になります

冬は着込む動作が多くなり

その動作で肩が内側に入り

少し猫背になってしまう事で

肩こりを誘発してしまう事が

理由2つ目になります。

理由3 首にマフラーかける事

理由3も洋服関係のお話になりますが

冬の定番である寒い時に欠かせない

マフラーやネックウォーマーですね

女性も男性も冬には身に付けるのが

必須の方も多いとは思いますが

このマフラーを首に巻いてしまうと

もちろん暖かいのですが

首を後ろにやる動作が難しくなります

逆に首が前にいく事が多くなり

首に負担がかかり

肩こりや首こりになってしまいます

これが理由3になります。

以上の3つが冬の肩こり理由になります

まとめ

紹介のまとめとして

冬になると冷えて筋肉が硬くなる

着込む動作で肩が内側に入り猫背になる

マフラーで首が前方にいきやすくなり

首に負担がかかる

以上この3つが冬の肩こりの

主な原因だと思います。

それでは冬の肩こりにならないように

これからの予防の為に

ご自身で簡単にできる

ストレッチを紹介します

冬の肩こり改善ストレッチ

紹介するストレッチは

とても簡単なので

是非、継続してやる事を意識して

やってください!

壁があるところで

手を壁につけてそのまま

身体の軸を捻って

胸の筋肉(大胸筋)を伸ばすだけです

この大胸筋が硬くなってしまうと

肩が内側に入ってしまいます

なので、しっかり伸ばしましょう

必ず右側と左側と両方伸ばす事

一回30秒くらいでいいので

呼吸を止めずに伸ばしましょう

ご自身で胸が伸ばされている

実感を得られるようにやって下さい

伸ばされてる感じが足りなかったら

もう少し身体の軸の捻りを強くしたり

より壁についている手を

後ろにずらしたりして

強度を上げてストレッチして下さい

とにかく胸を開く事です

こうすると肩が内側に入らないので

肩こりを予防できます

最後に

上着を着込んで行動した後や

マフラーかけてお出かけした時

外出する前でもいいので

このストレッチをやってみて下さい!

ぜひ冬でも寒さに負けずに!

肩こりにならない身体でいましょう!

今回もご視聴ありがとうございました!