こんにちわ!

Correct整体院の院長山口朋宏です!

今日は皆さんが寝る時に使う

枕についてお話しようと思います。

以下の動画ではわかりやすく

説明していますので

是非ご覧ください!

枕の選び方について

日頃から首が痛い方

朝起きたら首が痛くなった

寝ている時に首が痛い

自分はどのような枕を使えば良いのか

何を基準に枕を選べば良いのか

そんな相談をよく受けるので

私なりの答えがあり理屈があるので

お伝えしようかと思います

まずは姿勢が悪い方と良い方

あとは姿勢がちょっとだけ悪い方

3パターンあるとしてお話します

猫背

まず姿勢が悪い人は背中が丸くなり

猫背になります

その状態で床に寝転んだ時に

枕がないと首が上を向いてしまいます

枕があっても高さが低いと

首に負担がかかります

なので姿勢が悪く猫背の方は

床に寝た時にその猫背を補ってくれる

高さがある枕が合います

いい姿勢の人

次に姿勢が良い方は

床に寝ても頭が上を向く事はないし

普通に寝てても顎も上がらないので

枕は低くて良いです

薄いタオルを重ねて作る枕でも良いし

場合によっては枕が必要ないかも

少し猫背の人

次にちょっとだけ姿勢が悪い方

良い姿勢と悪い姿勢との間です

低くなく、高くもなくって感じです

注意点

寝た時に姿勢が悪い方は

背中と後頭部の距離が遠くなります

姿勢が良い方は逆に距離が近くなります

枕は必要ないという噂を

聞いた事もありましたが

猫背の人が枕がないと

普通に首が痛くなりますし

寝違いも起こしやすいです

逆に姿勢の良い人が

高さのある枕を使うと姿勢が良いのに

猫背を誘発されてしまい良くないです

なので一般的には

猫背の人は枕が高いのを選び

姿勢が良い人は低めの枕を選んで

ちょっと姿勢が悪い方は

その中間の高さと低さの整った

枕を選んでみて下さい

これが大体の基準です

では何センチの枕がいいのか?

上の動画を見るのが一番早いですが

説明していきます!

ではこれから具体的な数字で

何㎝くらい床からの間隔があるのか

お伝えしていきます

私自身で測っていこうと思います

まず壁際に背を向けて立ちます

自然体の状態で壁に背中をつけて

この時に決して胸を張って

良い姿勢で立たないで下さい

いつもの状態で立って頂いて

壁と後頭部の間がどのくらいか

測っていきます

私の場合だと壁と後頭部の間が

3㎝〜5㎝くらい

指で表現すると3指分で

物で表現するなら

壁と後頭部までゴルフボールが入れる感じ

そのくらいの高さの枕が

私には適している感じです

姿勢が悪く猫背の人は

壁から後頭部までかなり間隔があります

指なら8指分か

ゴルフボールが2つか3つくらい

横並びに入ってしまうかもですね

姿勢が良い人は壁に立った時に

ボールペン1本分の間隔の方も居ます

一人では測れないし

壁に対して自然に意識せず

立って測らないといけないので

誰かパートナーにお願いして頼んで

壁から後頭部の距離を

測ってみて下さい

それができましたら

実際に枕を用意して

セッティングしていきます

頭の重さがあるので

頭は身体の10分の1の重さなので

体重が60kgくらいの方は

頭が6kgくらいなので

枕の上に6kgの圧をかけて

その状態になった枕の厚みが

壁から後頭骨までの距離の

高さになるようにしていきます

枕を手で押して凹ませるのも良いですが

一番良いのは2ℓのペットボトルで

枕の上に3つ置けば6kgになるので

その重みで沈んだ高さが

壁と後頭骨の距離になれば

あなたの首の状態に適している

枕になります

ただ枕の素材も関わってくるので

柔らかい素材なのか

硬めの素材なのか

それによって沈み具合が

変わってきます

なので素材をしっかり把握して

その上で重りの圧をかけて

ちゃんと自分の適した

枕の高さになるかやってみて下さい

姿勢が良い人は

バスタオルを2つか3つ折りで

十分な場合もあります

逆に姿勢が悪い方は

素材の硬さがそこそこあって

大きい枕じゃないと

高さが作れないかもしれません

枕のボリュームを減らす為に

綿やプラスチックなどを

抜いたりして調整してみて下さい

枕の選び方が全く分からない方は

この指標で是非やってみて下さい!

自分の首に合った枕を選び

毎日心地よく寝ましょうネ!