神奈川県平塚市で多くの捻挫を治してきた山口朋宏です。

今回は捻挫をしない方法を

皆様にお伝えしていきます!

捻挫をしない動きの方法

日頃生活をしていて歩く事や

スポーツをしている方は

走ったり、ジャンプをしたり

様々な動きをします

捻挫をしない為に

一番大事な事を皆さんにお伝えします。

捻挫するメカニズム

バスケット

私はプライベートでスポーツの

バスケをやっているので

バスケットの動きで説明します

バスケはよくジャンプをする競技です

重要なのは足先の「親指」です

「母指」でも意味は同じですが

ジャンプをするときに

しっかり親指に力を入れて飛べば

着地の時に踵から床に着けますが

これが「小指」に体重が乗った状態で

ジャンプをすると空中で

足関節が「内返し」と言って

捻挫を起こしやすい状態になります

この状態で着地をしてしまうと

足の捻挫をしてしまうリスクが

非常に多くなってしまいます

バスケの場合はジャンプをして

空中で相手とぶつかりバランスを

崩してしまって着地した時など

この時にしっかり親指に体重を乗せて

ジャンプできているかで

捻挫を回避できるかが分かれてきます

バレーボール

ジャンプで共通しているスポーツで

バレーボールでも同じです

相手の攻撃をブロックで飛ぶ時に

自身がスパイクで飛ぶ時に

重要なのは親指です!

親指に体重が乗って

ジャンプができれば

しっかり着地できます

小指に体重が乗らないように

意識を心がけておきましょう

サッカー

ジャンプが多い競技に限らず

サッカーでも足先の親指に

体重が乗っていれば相手に当られても

捻挫しにくい状態でプレイができます

もちろん小指に体重がかかっていたら

相手とぶつかった時などに

足が「内返し」状態で捻挫します

マラソン

一般的な運動で皆さんも気軽にやる

ランニングですね

気持ちよくランニングする時なども

足は親指を意識して走りましょう

小指を意識してしまうと

走ってて捻挫する可能があります

全てにおいて一番大事な事は

「親指」です!

小指には体重をかけないように!

とにかく親指です!

筋トレで捻挫しない足を作る!!

スポーツでも生活の中でも

後は筋トレも色んな種類の

トレーニングがありますが

代表的なスクワットやランジ

ふくらはぎのカーフレイズ

このような筋トレも

親指を意識してやりましょう

横に動きながらのトレーニングも

フットワークを高めるトレーニングで

サイドステップ、サイドランジなど

サッカーならリフティングですね

片足立ちになるので

より親指を意識して下さい。

競技者の方は日頃から

親指を意識して練習すれば

試合などで親指を意識しにくい状態でも

日々の練習と意識で

無意識でも親指に

体重がかかるようになると思います

そうなれば捻挫をすることもなく

満足できるプレイができるはずです

まとめ

スポーツする方、しない方

筋トレや日々の生活でも

足先は常に親指を意識して

生活しましょう!

本日は親指という言葉を

何回発言したんだろうか(笑)

でもとても大事な事なので!

皆様にお伝えしました!