こんにちわ

correct整体院の山口朋宏です。

今回は私が考える

いい整形外科の選び方について

お話します

以下の動画では分かりやく

説明していますので

ぜひご覧ください!

整形外科の選び方

私は理学療法士で

以前に整形外科で務めていて

色んな整形外科を見てきました

私自身も怪我をして

色んな整形外科に行きました

ですが

周りの方の意見から

整形外科は湿布しかくれない

電気だけしかやってくれない

なかなか治らない

全然診てくれない

など、様々な不満のご意見を

多く聞く事がある中で

注射を打ったら良くなった

あそこのお医者さんは親切だった

というご意見も頂きます

なので私なりに整形外科の選び方

こんな整形外科はあまり良くない

こういう整形外科を選んだほうが良い

という、私の見解をお話します

良い整形外科

まずは良い整形外科から説明します

例えば手首が痛い、足首が痛いなど

患者さんが主張した時に

まずレントゲンを撮ってくれる

次にもし手首が痛むのであれば

両方の手首を見て腫れがあるか

あと手首を動かしてみて

どの動作で痛むのか

しっかりと「問診」をしてくれる

あと「視診」ですね

眼で見て腫れがあるか

どこが痛いのか確認する事

次はその痛む部位に

直接手で触る事で確認する

「触診」ですね

触診して痛い場所を確認してくれる事

以上が良い判断基準かなと思います。

まとめると

良い整形外科の特徴は

「問診、視診、触診」をしてくれる事です

悪い整形外科

ちょっと対応がよろしくない

悪い整形外科は

レントゲンを撮るだけで

痛みのある患部を見なかったり

患部を見ないと言う事は

まず視診がない

患部を触ってみて痛むか

どう動かして痛いか

触診して診てくれないので

触診もない

問診もない、視診もない、触診もない

一切患部を見ていない

その様な整形外科は

あまり良い整形外科とは言えない

以上が私の印象です。

何故そう思うか

お話しようと思います

まず問診、視診、触診して

患部を見て腫れていないか

急性期なのかどうかを判断します

もし患部が腫れていたら

まず冷やさないといけませんし

もし患部が腫れていなくて

痛い場合は温めた方が良いかもしれない

この様に治療方針が変わってきます

なので問診、視診、触診もしないのに

すぐ「これは電気を流しますね」

レントゲンしか見ていないのに

これは「湿布を出しておきますね」など

この様な処置はとても私から見て

すごく雑な対応、処置だなと思います

まとめ

なので整形外科を選ぶ際は

レントゲンを撮るだけではなくて

ちゃんとレントゲンを撮った後に

視診、触診してくれて

問診もしながら

こういう状態だから圧迫した方が良い

この場合は温めて治療していきましょう

その様にちゃんと治療方針を丁寧に

説明をしてくれる

お医者さんが良いと私は思いますので

ずっと言い続けますが

問診、視診、触診を

ちゃんとやってくれる

お医者さんを探してみて下さいね!