こんにちは

肩関節専門院長の山口朋宏です!

今回は肩関節周囲炎について

お話したいと思います。

動画ではわかりやすく

解説していますので

是非ご覧ください↓

肩関節周囲炎とは?

肩が痛くなった時に病院に行ったりすると

よく「肩関節周囲炎」という診断名を

言われると思うのですが

患者さんの肩の痛みの訴えで

肩の何の痛みなのか限定されておらず

全て肩関節周囲炎という事で診断されます

なので私の印象からは

肩が痛い=肩関節周囲炎というのは

少し丁寧さに欠ける診断名だと思います

丁寧に説明してくれるお医者様は

この筋肉に炎症がありますとか

関節が硬くなってますとか

腕の上腕二頭筋に炎症があるとか

または肩が「脱臼」しちゃってますとか

あとは肩に「石灰」が溜まってしまうなど

細かく丁寧にわかりやすく

説明してくれるお医者様が理想的です

レントゲンでは何も問題ないね〜

何の説明もなく

肩関節周囲炎だね〜と言われ

電気を流して、湿布貰って

という、お医者さんは

ちょっと色々と

説明不足かな?と私は思ったりします。

肩関節周囲炎は

肩の痛み全般を総称しての

疾患名なので

肩関節周囲炎は

「肩の痛み」の事になります。

この肩関節周囲炎も

種類がいくつかありますが

その中でも多くの方が

悩まされている

50歳前後で起きやすい

肩の痛みがあります

それが五十肩(拘縮肩)の可能性が

ありますので

五十肩について少し話そうと思います

五十肩とは?

50歳前後になると

関節が硬くなってきたり

肩のインナーマッスルが

傷つきやすかったり

関節かインナーマッスルこの2つの

症状がある場合に

問診と動作チェックなどをして

当てはまれば

一般的に「五十肩」と言います

なので肩に石灰が溜まっちゃう

脱臼したりとかは

五十肩とは言わないですね

なので石灰や脱臼は別の話になります

関節の硬さ、インナーマッスル損傷が

五十肩の症状になります。

他の症状のご紹介

「腱板断裂」という症状は

筋肉を支えている腱が切れてしまう事です

「腱板炎」の症状は

筋肉が炎症を起こし腫れてしまう事です

次は「凍結肩」肩関節周囲炎です

肩関節に関節包という腱膜があり

これが正常な方の肩の場合は

関節包が柔らかく

たるみがある状態なのですが

異常な方は

肩関節が硬くなって

たるみが失われてしまい硬くなる

これが凍結肩です

さらに細かくご紹介すると

同じ症状で拘縮肩と言い

この拘縮肩が四十肩、五十肩と呼ばれます

なので五十肩と言われたら

拘縮肩という事になり

この拘縮肩の症状がさらに悪化して

もっと関節包と周辺の筋肉が硬くなると

拘縮肩→凍結肩になります

なので拘縮肩が悪化すると

凍結肩という診断名になります

凍結肩の症状が酷い場合は

状況によって

手術が必要になる場合があります

次は「石灰性腱炎」です

石灰は肩の下に

カルシウムの結晶ができてしまう事です

症状が現れる位置としては

鎖骨と肩の先端の肩峰の下ですね

そこに石灰ができてしまい

炎症が生じ強い痛みが出てしまい

運動制限が起こってしまう症状です

レントゲンに映る症状ではあるので

見逃さなければ分かる疾患です

ご紹介では石灰性腱炎ですが

石灰性沈着炎とも言う場合があります

普通の健全な肩にはもちろん

カルシウムの結晶はありません

次は「上腕二頭筋長頭腱断裂」

「上腕二頭筋長頭腱炎」(腱鞘炎)です

腕にある力こぶを作る筋肉

上腕二頭筋ですね

その二頭筋の長頭と短頭がありますが

長頭の方になりますね

この上腕二頭筋長頭の

筋肉を支えている

腱が切れてしまうと

上腕二頭筋長頭断裂になります

当然ながら腱が断裂してしまうと

力が入らなくなります

腱が断裂はせずに

腱に炎症が起こると

上腕二頭筋長頭腱炎になります

上記2つとも腕の筋肉の腱が原因で

肩に痛みが出る症状です

次は「反復性肩関節脱臼」

これは普通に「脱臼」です

脱臼をすれば

単純に肩の関節が

緩んでしまうので

痛みが出てしまいます

脱臼は前方脱臼が多いです

「反復性」というのは

繰り返すという意味で

脱臼を繰り返してしまうことを

反復性関節脱臼となります

脱臼を繰り返してしまう事で

肩関節の関節窩骨折や

上腕骨頭陥没骨折を

合併してしまう事が多いです

次は「動揺性肩関節」です

動揺性肩関節は

肩の脱臼をしてしまって

その脱臼を治すために

しっかり肩関節を元に戻して

脱臼は改善されますが

脱臼をすると関節がどうしても

ゆるくなってしまいます

関節を支えてるのが関節包です

この関節包がゆるみ

肩の関節が不安定になります

肩が不安定になる事で

痛みが出てきてしまうのが

動揺性肩関節です

重度の場合には

安静下垂位で下方への脱臼

亜脱臼を起こしてしまう事があります

次は「投球肩」(投球障害)です

この症状は野球選手によくあるので

投球肩と一般的に言われるのですが

先ほど紹介した

上腕二頭筋の筋肉が

肩の中に入ってきます

そして肩関節の関節窩を囲う様に

関節唇があります

この関節唇が損傷してしまって

痛みが出てしまう肩の症状ですね

もちろん野球をしている人に限らず

バレーボールやドッチボール

ハンドボールやその他

ボールを投げる動作のある競技などで

起こる疾患ですね

関節唇の損傷ですと

上方関節唇の剥離損傷という事になり

関節唇の損傷ではなく

上記に紹介した

腱板損傷も起きる場合があり

ボールを投げる動作の繰り返しで

腱を痛めてしまい投球障害になります

最後は「リトルリーガーズショルダー」です

上腕骨近位骨端線離開とも言います

これは症状名は長いですが

簡単に言うと「成長痛」です

成長痛というのは成長期に起こる症状です

この症状は成長期に

ボールを投げるスポーツをやっていて

肩を痛めてしまいます

10歳〜15歳くらいの野球選手が

過度な投げ込み練習などを行った時に

ちょっと聞くと怖いかもしれませんが

骨が裂けてしまい痛みが出ます

上腕骨の骨頭部分の近位骨端部が

離開なので裂けてしまい

骨が離れてしまうのが

リトルリーガーズショルダーまたは

上腕骨近位骨端線離開です

上記のご紹介した症状全てが

肩関節周囲炎になります

ただこの中でも

「腱板炎」と「凍結肩」

この2つが一般的に五十肩と呼んでます

50歳に多くなる疾患なので

そう言われますね

この2つは筋肉の損傷だったり

関節の痛みだったり

関節が硬くなって動かなくなったり

この症状が五十肩だと思います。

今回は肩関節周囲炎とは何か?

その肩関節周囲炎の種類は?

五十肩とはどういう事なのか?

この3つをテーマにお話させて頂きました

一般的に肩関節周囲炎の肩の痛みは

分類されていないので

今回のお話で少しでも皆さんに

知ってもらって

病院だったり整骨院だったり

私がやっている

肩関節専門の整体院だったり

どこを選ぶべきか

ご自身の肩の痛みに対して

今後どうアプローチしていくのか

悩んでみてください!

もちろん当院では

その肩のお悩みを

私が解決しますので

ぜひお電話などお待ちしております!