平塚市で難治性疼痛治療を得意とする私山口が今日は足底腱膜炎の治し方を教えます^^

足底腱膜炎は成長期によくおこる障害で、かかとの痛みです。

特徴的な症状は走るとかかとが痛い!ジャンプするとかかとが痛い!です。

なぜ成長期に多いのか?

成長期になると伸長が伸び骨が伸びますよね。もちろん足も大きくなり靴のサイズも変わります!すると骨に対する筋肉は相対的に短くなり、筋の柔軟性が低下してきてしまいます。

足の裏の筋肉(足底腱膜)の柔軟性が低下するとかかとに負担がかかり痛みが生じます。

では何をしなければならないのか?

足底腱膜のストレッチ、土踏まず(アーチ)を支えるために筋トレ、を行う必要があります!

今日の動画では足底腱膜炎に必要なストッレチと筋トレを紹介しています!

①アキレス腱のストレッチ←足底腱膜とつながっています!1分×1

②足底腱膜のストレッチ。1分×1

③後脛骨筋のチューブトレーニング←土踏まず(アーチ)をサポートする筋肉。30回×3

①~③を動画ではわかりやすく説明しています。

【注意】

ストッレチでかかとが痛む場合は弱くストレッチを行ってください。

炎症が引いてくるとストッレチしてもかかとは痛くなくなってくるので、そしたらストレッチを強くするようにしてください。

上記のことを気をつけながらストレッチ・トレーニングを行ってください!

是非足底腱膜炎の痛みの改善・予防に役立てて下さい^^

成長期でかかとの痛みで悩んでいるお子さんのお母さん・お父さんは是非下の動画見て下さい^^

私自身の整体院は肩こり専門店としていますが、痛み治療を得意としています!

もし、痛みで悩んでいる方がいましたら是非ご連絡ください!

TEL:0463-68-7151  HP;平塚市 肩こり で検索^^ 

ホームページリンク先;correct-hiratsuka.com

神奈川県平塚市代官町7-12

平塚市唯一の肩こり専門店   Correct整体院 山口 朋宏