平塚市で唯一国家資格を持った整体師が成長期の筋筋膜性腰痛の治し方をお伝えします!中学生に多いです!

成長期をの腰痛には代表的な腰痛が二種類あります。前回は分離症を説明したので今回は成長期の筋筋膜性腰痛を伝えていきます!

なぜ成長期になると筋筋膜性腰痛が生じるのか?

それは成長期になると伸長が伸び骨が伸びますよね。すると骨に対する筋肉は相対的に短くなり、筋の柔軟性が低下していきます。

柔軟性が失われた筋肉は固くなり血流が悪くなりさらに筋肉は固くなりさらに血流が悪くなり・・・悪循環が生じます。

筋肉が固くなると侵害受容器が反応し痛みが引き起ります。これが筋筋膜性腰痛です!中学生に多い腰痛です!

それでは何をしなければならないのか?

ストレッチです!

相対的に短くなってしまった筋肉を伸ばしてあげれば成長期の筋筋膜性腰痛は改善します。

今日の動画では成長期の筋筋膜性腰痛に効くストレッチをお伝えしていきます。

①膝を抱えて丸くなる;お尻と腰のストレッチ:30秒

②足を組んで前屈;お尻のストレッチ;30秒

③前屈のストレッチ;

上記のストレッチをすれば成長期の筋筋膜性腰痛の治療になるし、予防にもなります!

【注意】

ストレッチをしてて腰に痛みがある場合はストッレチが強すぎるので、軽めにしてください!

下肢にシビレがある場合はストレッチをせず、MRIのある病院に行くことをおすすめします。

以上のことを気を付けながらストレッチをしてみて下さい。

以下の動画では成長期の筋筋膜性腰痛をわかりやすく説明し、ストレッチのやり方を説明しています^^

中学生・成長期のお子さんをお持ちで、腰痛で悩んでいましたら是非見て下さい^^

私自身の整体院は肩こり専門店としていますが、痛み治療を得意としています!

もし、痛みで悩んでいる方がいましたら是非ご連絡ください!

TEL:0463-68-7151  HP;correct-hiratsuka.com

神奈川県平塚市代官町7-12

平塚市唯一の肩こり専門店   Correct整体院 山口 朋宏