今日は肩甲上腕関節(GH)の診方をお伝えします!

肩甲上腕関節の関節包は関節に対して二倍の大きさがあると言われています。

関節包に固さが生じると肩が上がらなくなったり、後ろに手が回りにくくなったりします。

これを一般的に五十肩とよんでいます。お医者さんでは肩関節周囲炎と言ったりしています。

以下の動画では関節包のどの部分が固くなって、肩関節に可動域制限が生じているか説明しています!

五十肩で悩んでいる方は是非見て下さい^^

治療者も見てみて下さい!きっと治療のヒントになると思います^^