今回はゴルフ肘の治し方をお伝えしてきます。

ゴルフ肘は正式には「上腕骨内側上顆炎」と呼ばれたりします。それでは「症状」「特徴」「治し方」の順で解説していきます。以下の動画ではわかりやすくゴルフ肘の治し方について話していますのでぜひご覧ください。

症状

・ゴルフで痛い。(特にダウンスイング、インパクトの時に痛みが増強します。ダフるとめっちゃ痛いです!!)

・肘の内側が痛い。

特徴

・手に力が入り、クラブを力んで握ってしまう人に多いです。

・手打ちになってしまう人に多いです。

・スコア100以上の方に多いでです( ;∀;)

家でできるマッサージ

手をグーにすると、前腕の筋肉(手のひら側)が盛りあがり、筋肉が硬くなるところがあります。その硬くなった筋肉をマッサージ、揉みほぐしてあげる。ゴルフをする前に5分から10分マッサージしたり、お風呂の中でマッサージすると肘の内側の痛みが軽減するのでやって見て下さい。

家でできるストレッチ

手のひらを持って肘を持って伸ばしてあげると前腕が伸びます。このストレッチを30秒して見て下さい。

紹介したマッサージを5〜10分やった後に、ストレッチ30秒を3セットを交互にしてもらうと、痛みが早く軽減すると思いますので、ぜひ試して見てくださいね。

以下の動画ではわかりやすくゴルフ肘の治し方について話していますのでぜひご覧くださいね♪( ´θ`)

私自身、整形外科疾患の治療を専門としています!もし、肘関節の痛みで悩んでいる方がいましたら是非ご連絡ください!YOUTUBEでは生活に役立つ身体・健康・痛みについて配信しています、健康に興味がありましたら登録お願いします♪

YOUTUBE;山口朋宏 で検索^^

TEL:0463-68-7151  HP;Correct整体院 で検索^^ 

correct整体院ホームページリンク先こちら→correct-hiratsuka.com

神奈川県平塚市代官町7-12