「有痛生外脛骨」の痛みで悩んでいるお子さんが心配な方へ

有痛性外脛骨の症状

有痛性外脛骨は9歳~14歳くらいまでの成長期に起きやすいスポーツ障害です。有痛性外脛骨の特徴としては、運動中や、運動後、歩行中・後などに、土踏まずにある骨が痛くなります。ときにはその骨が熱をもって腫たりします。すると歩くたびに激痛が生じることがあります!
最初はちょっと痛いくらいだったのに、どんどん痛みが増悪して歩くたびに激痛が生じることもあります。有痛性外脛骨の痛みが強くなると、ビッコ引いて歩くこともあります。
 

有痛性外脛骨の原因

有痛性外脛骨というのは土踏まずにある内側の舟状骨に痛みがでることで起こります。詳しくお話しすると、舟状骨の隣に普通にはない余分な骨(過剰骨)に痛みが生じると有痛性外脛骨になります。少ないですが痛みが出ない方もいます。
土踏まずに負担がかかるスポーツ、サッカーや陸上競技バレーボール、バスケットボールなどの競技をする上で痛みが生じる可能性が高いです。  
また、捻挫などが原因で、足首の姿勢が悪くなった時に土ふまずの外脛骨に負担がかかり症状が引き起こされることもあります。
生まれつき、偏平足で足裏の土ふまずの部分と地面が接地しやすい足の構造を人は、激しいスポーツをしていなくても、日常生活に痛みが生じてしまう方もいます。
 
有痛性外脛骨の治療法
 
 
痛みが強い時は、運動することを控えて、安静にすることをオススメします!また、外脛骨が腫れている時や、熱を持っている時は氷などで冷やすようにしましょう。
①有痛性外脛骨による痛みを軽減させるためには、靴底に足底板を引いて土踏まずを高くします。すると外脛骨にかかる負担が減ります。
②外脛骨の痛みは後脛骨筋の硬さも原因の一つです。なので後脛骨筋のマッサージをしましょう!
以下の動画では後脛骨筋のゆるめるマッサージ方法を伝えています!有痛性外脛骨の方は必ずみてくださいね!
 
 

私自身の整体院は肩こり専門店としていますが、痛み治療を得意としています!

もし、外脛骨で悩んでいる方がいましたら是非ご連絡ください!

TEL:0463-68-7151  HP;Correct整体院 で検索^^ 

ホームページリンク先;correct-hiratsuka.com

神奈川県平塚市代官町7-12

Correct整体院 山口 朋宏